以前の会社設立に関する資本金の証明方法は、一番多い方法は金融機関にて出資払込金保管証明書を発行してもらっていました。

現在は手続きが簡略化されています。

定款に記載されている出資者の口座に直接資本金額を入金することで証明書として取り扱われます。

仮に100万円の資本金の場合、ぴったり100万円でなくとも100万円以上の入金でも100万円の資本金として登記出来ます。