持分のある医療法人では、出資持分があるため、退社時に持分の払戻しの請求があった場合には、出資は時価で払戻されることになります。
含み益が大きい場合には多額の財産が医療法人から流出し、医業経営に大きな影響を与える可能性があります。
出資者の死亡で相続人から払い戻し請求があった場合も同様となります。
また、時価ではなく払込済出資額で払戻しをすると、出資者が含み益部分を放棄したことになり、その他の残った出資者への贈与とみなされます。
持分のない医療法人であれば、社員に持分は無いのでこうした問題は起こりません。