退職金に対する源泉徴収の方法は、退職者から
 
「退職所得の受給に関する申告書」の提出をうけているかどうかにより
 
違ってきます。
 
 
【提出を受けている場合】
 
@ 退職者の勤続年数を計算する※
A 勤続年数に応じた、退職所得控除額を計算する
 
     ―勤続年数―           ―退職所得控除額―
      20年以下       40万円 × 勤続年数 (ただし、最低額は80万円)
      20年超        800万円 + 70万円×(勤続年数−20年)

B 支給額から退職所得控除額を差し引き、2分の1を乗じる
C Bで求めた金額に所得税の税率をかけて計算した金額が、源泉徴収税額になります

 ※1年未満の端数は1年に切り上げます。その他、複数社に勤務していた場合などは
  特殊な計算が必要です。
 
【提出を受けていない場合】
 
支給額に20%の税率を乗じて計算した所得税を源泉徴収します。
 
このままだと、税金が取られすぎになってしまいますので
 
退職者本人が確定申告をして、精算することになります。

文責:伊藤洋