相続放棄とは、プラスの財産もマイナスの財産もまったく相続しないこと
 
を言います。
 
 
たとえば、親が莫大な借金を残して亡くなった場合に、
 
配偶者や子供にその借金をそのまま負担させてしまうと
 
生活が立ち行かなくなってしまいます。
 
そういうケースを避けるために相続放棄という手続きがあります。
 
 
具体的には、自分が相続人になったことを知った日から3ヵ月以内に
 
家庭裁判所に対して「相続放棄申述書」を提出しなければなりません。
 
これが家庭裁判所に認められれば「相続放棄申述受理証明書」が
 
交付され、相続放棄の証明となります。
 
 
この手続きをせずに3ヵ月を過ぎてしまうと、単純承認をしたものと
 
みなされ、プラスの財産もマイナスの財産も相続することになります。
 
 
文責:伊藤洋