例えば、『20日締めの25日払』というのは、前月21日〜当月20日までの給料を当月25日に支払うという意味です。

こんな条件で支払われる給料であれば、決算月で工夫をしてみましょう。

3月決算の会社の場合 3月25日に支給される給料は、
『2月21日〜3月20日』の期間の給料ということになります。


つまり、「3月21日〜3月末日」までの給料は、会社の経費に計上されていないということですよね。
そこで、4月25日に支払った給料の“3分の1”を「3月21日〜3月末日」までの給料として“未払金”として経費計上するのです。


決算月が過ぎてからでも行える節税方法の一つになります。


文責:伊藤洋