相続時精算課税制度を受けようとするときは、その贈与の申告期限内に「相続時精算課税選択届出書」を納税地の税務署に提出します。

 届出書は、贈与をした者ごとに作成し、「特定贈与者」からの贈与により取得する財産については、この届出書を提出することによってその贈与の年以降において、すべて相続時精算課税の適用を受けることになります。

 なお、この届出が提出されたら撤回することはできませんので注意が必要です。


文責:伊藤