IDC Japanの調べによると、日本でのクライアント端末別の普及率はスマートフォンが49.8%、タブレット端末が20.1%、PCが97.0%となっているそうです。
 どこでも見かけるようになったスマートフォン。持ち歩けるからこそ、それに見合った活用をしたいものです。

 お忙しい経営者さまにお勧めしたいのが「出先でちょっと帳簿入力 for 弥生会計」※Androidアプリです
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.gr.java_conf.yos731asw.DesakiChotto&hl=ja

 日ごとで見れば多くはない経費の領収証ですが、ためてしまうとなかなか整理できなくなり、決算・確定申告時期に慌てて領収証をかき集め、使用用途が思い出せずにスケジュール帳を遡り…となることも。

 出先でも入力可能なスマホアプリを活用すれば、支出の用途を忘れる前に入力できます。
預金の引出し記録も入力できるので、PCやノートで現金管理をする時間がない方にも使ってみて欲しいアプリです。
(入力した後も、領収証・レシートはとっておいてください!)

(文 責:星 野)