初めての方には、まず色々決めてもらう事があります。と言っても難しいことはありませんからご安心を!

1.会社名
貴方の思い入れたっぷりの社名を!
ひらがな・カタカナ・漢字・アルファベット・アラビア数字が使えますし、英文表記も大丈夫です。
ここでデザイナーからのワンポイントアドバイスです!
起業したら、たぶん多くの方がホームページを創られると思います。
その際、ありふれた単語・名詞(例えば株式会社テイクオフ:制作者の社名です)を社名にしたとします。お客様がヤフーやグーグルなどの検索エンジンで、貴方のホームページをみようと社名で検索したとします。
すると何百と出てくる可能性があります。
そこで上位に表示がされていれば問題はありませんが、ページが下だとまず見つけてくれません。(SEO対策がしてあれば別ですが。)
なるべくシンプルな造語なんかがいいのではないでしょうか?
あくまでワンポイントアドバイスです。

2.本店住所
住所ですね。事務所の住所が一般的ですが、なかには社長様の自宅の住所で登記される方もみえます。

3.資本金
資本金の金額を決めます。
1円からでも出来ますが、やはり常識的なところで最低でも30万円くらいはご用意しておいていただきたいですね。
取引先が登記簿謄本を取得する事は決して珍しいことではありません。
その時に資本金が1円ではあまりに恰好がつきません。
現物支給は品数・品名・金額の情報が必要です。

4.決算日
ご相談ください。

5.取締役・監査役の任期
ご相談ください。

6.事業内容
まず一般的なのが、メインで行う業務ですね。
次にいずれやりたいな〜という業務を思いつくままメモしてきて下さい。
アドバイス致します。

他にもこまごまとありますが、ご相談の際にわかりやすくご説明させて頂きます。


現在は有限がなくなりました。
新たに合同会社(LLC)が加わり、株式・合資・合名の4種類になりました。
現在の有限は株式への変更が可能です。
またそのまま変更せずに存続する事もできます。
最低資本金制度で興した1円会社も、資本金制度の廃止により、5年以内の増資も必要ありません。

取締役の任期につきましても、2年から10年に延長されました。

まさにいい事ばかりです!が、定款の変更は必要です。
新しく設立される方には大丈夫ですが、変更したい方はお問合せ下さい。
お問い合わせ



費用を見る

このページのトップへ