新しい法律(2006年5月施行)が施行されて、とにかく早く出来るようになりました。

今まで一番のネックであった類似商号規制の撤廃!
これにによる目的の審査基準が非常に緩和されたことです。
今までは本社所在地の市町村に似た社名があると、その社名が使用できませんでした。

とにかく早く1日でも早く登記して欲しい!

そんなお客様のために、ご相談から法務局への登記申請まで最短で4営業日(事前準備がいります)、普通で6日から14日あれば可能です。

@内容の打ち合わせ

 1.商号(社名)・本店所在地、役員構成・事業目的を
 お決めください。
 定款認証・登記申請可能かどうかのアドバイスを致します。
 
 2.実印の手配をお願いします。
   
A印鑑証明書と実印
 出資者:印鑑証明書1通
 取締役・監査役:印鑑証明書1通
 
 出資者・取締役・監査役:実印のご用意をお願いします。

 出資者で、取締役又は監査役の方の印鑑証明書は
 計2通です。

 出資のみの方は、1通、
 取締役又は監査役のみの方は、1通です。
 
 代表取締役の方は当然に取締役なので取締役と同じ扱いです。
     
B定款認証
 電子定款認証をいたします。
     
C出資金の振り込み又は入金
 定款の作成後、通帳の写しに代表者が会社実印を押印します。
     
D登記申請
     
E登記完了
     
F履歴事項全部証明書・印鑑証明書をお渡しします。
両書類を持って金融機関で口座開設をお願いします。
     

おめでとうございます!

さらに具体的には。

<1日目>
1.お客様:電話orメールにて相談依頼
2.お客様:弊社より、チェックシートをメールにて送付いたしますので、必要事項を記入の上、メールにて返信ください。
3.お客様:法人代表印の作成・印鑑証明書(出資者及び役員各1通)の取り寄せと印鑑証明書のFAX

<2日目>
4.お客様:資本金の払い込み(午前中)
5.お客様:捺印&費用の支払い(現金)
6.司法書士:定款認証、登記申請手続き

<法務局にて登記完了まで1〜3日程度>
7.司法書士:法務局にて、印鑑カード、登記簿謄本、印鑑証明を取得
8.お客様へ納品⇒完了!

費用を見る
オプションを見る
Q&Aを見る


このページのトップへ